塾講師の仕事内容

tickets
受験対策などを教えていく塾講師というのは、主には大小問わない学習塾であったり予備校の講師のことを指しています。 学校の教師だと教職免許状を取得しなければなりませんが、塾講師では特に資格が必要ありません。 しかし教職免許状を持っていると、塾講師として収入がアップすることがあります。 また採用でも優遇されていく場合もありますので、就職先としても検討する人が多くいます。 基本的には塾講師として採用していく必須条件としては4年制の大学を卒業している人であったり卒業見込者となるケースが多いです。

学校がゆとり教育を採用したことによって塾に通っていこうとする生徒の数が増えていますが、その一方で塾講師の人員増加が急務となっています。 需要が徐々に高まっている状況の中で、塾講師は専門性が高まっています。 知識もありながら生徒とのコミュニケーションをしっかりと取れる塾講師が求められています。

それは人に教えていくだけでなく、分かりやすさやメンタル面でもケアをすることができる人材を求めているのです。 指導していく科目を受講していく生徒達に合わせなければなりませんが、塾講師として仕事を行っていくのであれば社会人として見られます。 当然ながら大学生で塾講師のアルバイトをしていたとしても、社会人として見られるため最低限の身なりやマナーは要求されていくことでしょう。 塾講師に見合う服装であったり、髪型などを考えていきながら授業に取り組んでいくこととなります。


◎Recommend Site
塾講師になるために必要な条件や、ノウハウなどが書かれているので参考になります → 塾講師